講演・セミナー・パーティー coordinate

講演・セミナー・パーティー などに、着物を着ることで最高のパフォーマンスを!

どの生地を選べばいいの?

『なぜ、トヨタはテキサスに拠点を移したのか?』など数々の書籍を出版し、ロサンゼルス、ダラス、日本を毎月行き来し、グルーバルに活躍されている企業家、ルーク倉石さんをご紹介致します。


日本だけではなく世界中で講演をされている倉石さんは、飛行機移動も和装でされています。海外では名刺を配るより、どれだけ相手への印象を残せるかがポイントになります。私自身、アメリカへ和装で行った際は、笑顔で受け入れていただきました。

そこで私服に着替えてスーパーへ買い物に行った際、言葉が通じづに通訳を連れてくると言って、違う国の方を呼ばれた事があります。


顔や言葉だけでは世界で日本人ということは通用しません。


和装は、着ているだけで日本人と理解していただき、面倒な説明は入りません。

相手から日本語で話しかけてくれます。


講演・セミナー・パーティーで和装を着ることにより、安心感と説得力が生まれます。

セミナーの内容やパーティーの趣旨によって色柄を変更されるのもお勧めです。




パティーなどのcoordinate

羽織は少し遊び心とカジュアル感のある生地をご提案いたします。

着物(長着)や上衣は無地でも構いませんが、袴を着用せずに上下同じ柄はcoordinateとしては野暮ったくなります。

羽織をチェック柄を選んだ場合、着物や上衣は無地やストライプを選ばれるとをお勧めいたします。


袴を履く場合は、上下同じ生地で選ぶことにより、高級感とお洒落な印象が出てきます。




セミナーや契約などのcoordinate







丁寧な印象を表現する正装
0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White Pinterest Icon
  • White YouTube Icon